エステを利用

セルライトができるとセルフケアでは解消が難しいです。また、自宅でできるケアには限界があります。そのため、エステを利用するのもよいでしょう。

エステで行っているセルライトに働きかける施術がキャビテーションです。キャビテーションとは、液体に圧力を加えると気泡と空洞が発生し、その衝撃で物体にダメージを与える物理現象のことです。超音波を当ててキャビテーション現象を起こして、脂肪細胞を破壊します。破壊された脂肪細胞から血液中に脂肪が溶けだし、体の外に排泄されます。

キャビテーションと一緒によく行われるのが、リンパマッサージです。リンパの流れに沿ってマッサージをして、老廃物と余分な水分の排泄を促します。セルライトを潰すようにマッサージをするので、血液やリンパの流れが悪かったりセルライトができていると、痛みを感じることがあります。老廃物がなくなると、痛みを感じにくくなってきます。

EMSは電気刺激を筋肉に与えて鍛えるマシンです。筋肉が少ないと代謝が落ちてやせにくくなり、引き締まった感がなくなります。短時間で効率的に筋肉に刺激を与えることができます。脂肪太りが原因の場合に効果的です。

遠赤外線やヒートマットで体を温めることもあります。じっくりと温めて汗を出して、たまった水分と老廃物の排泄を促します。

食事で

カロリーの摂りすぎは肥満の原因になり、脂肪による太い脚を作ります。脂肪が原因の場合は、食事の見直しをしてみましょう。

ダイエットというと無理な食事制限をする方がいますが、無理な食事制限は禁物です。食事制限をすると必要なエネルギーが不足してしまい、少ないエネルギーでも体を維持できるように、エネルギーを多く消費する筋肉が減ってしまいます。脂肪ではなく筋肉が減っているのです。筋肉が減ると代謝が落ちてやせにくくなります。

そのため、極端な食事制限はしないようにします。女性の平均的な基礎代謝量は1200kcalなので、少なくとも1200kcalは必要です。活動するエネルギーも考えると、運動力が少ない女性でも1600kcalくらいは摂取は必要です。

食事を減らすのではなく、間食のカロリーに気をつけましょう。自分では食べていないつもりでも、ちょこちょことお菓子をつまみ食いしていることが少なくありません。デスクに常にお菓子を置いている方は要注意です。一度1日にどれくらいの量を食べているのか書き出してみると、普段食べている量をしっかりと把握できて、食事の改善につながります。

また、塩分の過剰摂取はむくみにつながります。パンやお菓子にも意外と塩分が多いので、栄養成分表を見て確認をしてください。

セルフケア

太い脚の原因の一つがむくみです。むくみは血液やリンパの流れが悪くなって、余分な水分や老廃物がたまった状態です。むくみを放置していると、老廃物を脂肪細胞が取り込んで肥大し、コラーゲンと癒着してセルライトになります。セルライトが悪化すると肌の表面がデコボコになります。一度できてしまうと、運動や食事制限では解消が難しいです。そのため、その日のうちにむくみを解消することがセルライトができないようにするためのポイントです。

脚のマッサージの行い方ですが、足先から心臓の方向に向かって行います。まずは足首を回してほぐします。足指の間に手の指を入れてしっかりとつかみ、右回りと左回りにそれぞれ5回回します。ふくらはぎを両手で包みこみ、膝に向かって10回なでさすります。力を入れ過ぎると血管が傷つくので、痛くない程度の力加減で行ってください。

膝の裏にはリンパ節があり、この場所は滞りやすくなっています。親指以外の指を使って膝裏を5回ほど押しましょう。膝裏から太もものつけ根に向かって10回なでさすります。太もものつけ根にはリンパ節があるので、ここをやや強い力で5回押します。マッサージをするときにマッサージオイルやクリームを使うと、手のすべりが滑らかなになって行いやすいです。

美脚になるには?

脚が気になってミニスカートやショートパンツを履けない、ジーンズがパンパン、こんな悩みがありませんか。スラッとした美脚は女性のあこがれだと思います。モデルさんの脚を見て、自分もあんなふうになりたいと思っている方もいるのではないでしょうか。

モデルさんはすごく努力をしているから美脚なんだと思っていませんか。たしかに、一般の人よりは努力をしていることでしょう。しかし、モデルさんほどの美脚になることは難しくても、努力をすれば自信を持てるような美脚になることはできます。では、美脚になるためにはどんなことをしたらいいのでしょうか。

何事もコツコツ毎日努力を続けることが大切なので、自宅でセルフケアを毎日続けてみましょう。自宅ではマッサージをしたり、食事のバランスを整えます。マッサージをすることでリンパや血液の流れがよくなり、むくみによる脚のパンパンが解消されます。脂肪がついて太くなっている脚の場合は、食事のバランスを整えたり、野菜や汁物から食すなど、順番を考えて食べることで脂肪を減らすようにします。

セルフケアには限界があります。自宅でできるケアは限られたものですが、エステなら自宅ではできないようなケアを受けることができます。マシンやプロの技の力を借りることで、さらに美しい脚に近づきます。エステではEMS、ラジオ波、キャビテーションなど、さまざまなマシンが使用されています。プロのマッサージは自己流と違い、リンパの流れに沿ってしっかりとケアをしくれます。マシンと組み合わせることで、より効果が高くなります。

TOPIC-https://www.facebook.com/Refeat.bikyaku